ヤフコメ速報

みんな大好き「Yahoo!ニュース」に投稿された様々なコメント(ヤフコメ)をまとめます。政治、経済、エンタメ、スポーツ、その他諸々なんでもアリ(´・ω・`) ヤフコメ速報をよろしくお願いします!

    経済総合

    th_IMG_4888


    1: ヤフ速@2ちゃんねる 2017/10/13(金) 10:53:36.14 ID:A7gqXks70
    no title


    終わったね


    2chURL:https://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1507859616/

    【【終了】神戸製鋼さんが今後賠償請求される企業一覧wwwwwwwwwwww】の続きを読む

    640x-1


    1: ヤフ速@2ちゃんねる 2017/10/13(金) 02:00:21.88 ID:CAP_USER9
    Amazonが不在による再配達や置き配での盗難被害を解消するために、配達員に自宅のドアロックを一時的に解除させて宅内配達を可能にするサービスの導入を検討しているとCNBCが報じています。Amazonなどの商品を顧客に届ける必要があるネット通販は、商品を迅速に届けるだけでなく、確実に届けることが求められます。

    庭付きの戸建てが多いアメリカでは、商品配達時に受取人が不在の場合、商品を玄関ドア下に置いていくこと(いわゆる「置き配」)がよくありますが、留め置いた商品が何者かに盗み去られてしまうという被害が発生しています。Amazonや宅配サービスのUPSなどは、置き配で盗まれてしまった商品に関するデータを公開していませんが、ドアベルメーカーAugustによると2016年に全米で1100万人が被害を受けたそうで、アメリカ人の31%が置き配の窃盗被害に遭った経験を持つという統計もあります。

    このような置き配時に商品を盗まれてしまうことで補償費用が発生するだけでなく、顧客の満足度を大きく下げてしまうという点も、Amazonにとって大きな問題だとのこと。 そこで、受取人不在の場合でも安全に商品を届けられるシステムの開発は、Amazonだけでなく多くのオンライン通販サービスにとって重要な課題となっています。

    Amazonはこれまでにも、自動車のトランクに商品を配達するサービスを試験してきたことで知られています。上記のテストはドイツ(Amazon.de)での取り組みでしたが、CNBCはアメリカ国内でも同様のサービスをAmazonが導入予定であるとの情報を匿名の関係者から得ています。この情報によると、自動車のキーを安全に保管でき、一時的なパスワードを発行して鍵の受け渡しを可能にするスマートキーロッカーを提供するPhrameとAmazonは提携して、宅配業者が一時的に商品を受取人が指定する自動車のトランクに配達できるサービスを検討しているとのこと。

    また、自動車のトランクを利用した商品配達サービスに加えて、宅配業者に一時的にドアのロックを解除して、商品を自宅内に届けるシステムをも検討中だとCNBCは報じています。これは、Augustのようなスマートドアベルサービスと提携することで、受取人が配達業者にワンタイムパスワードを発行して、不在時に自宅のドアロックを解除して商品を届けてもらうというものです。

    スーパーのウォルマートが顧客の留守中に鍵を一時的に解除してもらい、生鮮食品を自宅の冷蔵庫に直接配達してもらえるサービスをテストしていますが、同様のサービスをAmazonも検討しているのではないかというわけです。Amazonにとって、商品配達時の不在を解消することは、サービス品質向上のために避けては通れない問題で、すでに発表済みの宅配ボックス「Hub」や専用ロッカーを使った販売サービス「Instant Pickup」などとともに、さまざまな方法をAmazonは模索しているようです。

    動画:https://youtu.be/8bOuVjbcTgs



    no title

    http://gigazine.net/news/20171011-amazon-deliver-inside-home/


    2chURL:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1507827621/

    【【通販】Amazonが留守宅のドアロックを一時的に解除して商品を届けるサービスを検討中(動画あり)】の続きを読む

    【2chの反応】

    1: ヤフ速@2ちゃんねる 2017/10/10(火) 21:02:03.51 ID:CAP_USER9
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171010/k10011173961000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_017

    大手鉄鋼メーカーの神戸製鋼所がアルミ製品や銅製品の一部で強度などのデータを改ざんしていた問題で、大手電機メーカーの日立製作所はイギリスで製造している高速鉄道の車両に問題の製品が使われていることを明らかにしました。

    この問題は神戸製鋼がことし8月末までの1年間に出荷したアルミや銅製品の一部で、各メーカーに事前に約束した強度などを満たしていないにもかかわらず、検査証明書のデータを書き換えるなどして出荷していたものです。

    日立製作所は老朽化したイギリスの高速鉄道の車両の更新のため866両の製造を受注し、イギリス北部の工場で車両を製造していますが、製造している車両の一部に神戸製鋼が出荷した問題の製品が使われていることを明らかにしました。

    問題の製品がこれまでに製造したうち、どれくらいの数の車両に使われているかは調査中だとしていますが、日立製作所は「独自に強度を検査してから使用しており安全性に問題はない」としています。

    10月10日 19時11分

    no title


    2chURL:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1507636923/

    【【神戸製鋼データ改ざん】イギリスの高速鉄道車両でも使用されていた…… 2ch、ヤフコメ民の反応】の続きを読む

    2


    1: ヤフ速@2ちゃんねる 2017/10/03(火) 16:18:35.85 ID:CAP_USER9
    米ニューヨークのタイムズスクエアの大型電光掲示板に表示されたコカ・コーラの広告
    no title


    【ニューヨーク=共同】次代の甘味料を探し出してくれたら100万ドル(約1億1000万円)を差し上げます-。米飲料大手コカ・コーラが、世界中の研究者や科学者にこんな呼び掛けをしている。健康志向が高まり、砂糖を多く含む飲料を敬遠する人が増える中、「脱砂糖」の切り札を探して局面を打開しようという試みだ。

    コカ・コーラが求めるのは、天然で安全、低カロリー、飲料や食品に使うと砂糖のような味覚が得られる甘味料。専用のホームページを設けて応募を受け付けている。来年1月18日に応募を締め切り、同年10月3日に優勝者を発表する。同社幹部は「驚くべきアイデアは、どこからもたらされるか分からない」と社外の新鮮な発想に期待している。

    砂糖を多く含む飲料を取り巻く環境は厳しい。世界保健機関(WHO)は昨年10月、こうした飲料の消費拡大が肥満や糖尿病が増える主因になっているとして、各国に課税強化を呼び掛けた。米国では、東部ペンシルベニア州フィラデルフィアや西部カリフォルニア州バークリーなどが砂糖を含んだ炭酸飲料などに課税する「ソーダ税」を既に導入。サンフランシスコやシアトルも来年に課税を始める予定で、主力商品を狙い撃ちされた形の飲料大手は危機感を強めている。

    配信2017年10月3日 朝刊
    東京新聞
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201710/CK2017100302000107.html

    2chURL:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1507015115/

    【【朗報】コカコーラ「次代の甘味料を探し出してくれたら懸賞金1億円やるぞ」】の続きを読む

    zozotown3


    【2chの反応】


    1: ヤフ速@2ちゃんねる 2017/10/01(日) 12:25:17.73 ID:CAP_USER9
    https://www.wwdjapan.com/483950

    ファッションEC「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するスタートトゥデイが1日、新たに送料をユーザー自身が決める“送料自由”サービスを試験導入した。ユーザーは商品購入後の画面から自由に送料を決めることができる。無料を選択することもでき、初期設定は400円になっている。新しい料金体系の適用は、1日12時以降の注文からすでに採用される。ただし、試験的実施のため、今後予告なくサービスを終了する可能性があるという。

    前澤社長は自身のツイッターで「0円でも500円でもお客様の自由です。自由に価格を決めていただくことで、運ぶ人と受け取る人との間に、気持ちの交換が生まれれば素敵だなと思います」とコメントした。

    同社ではこれまで会員かどうかにかかわらず、税込4999円以上の注文について送料無料を掲げてきた。また、提携するヤマト運輸をはじめとする運送業者の人手不足や負担拡大の影響もあってか、6月には一部地域で行っていた即日配送のうち当日配送を取りやめるなど、配送サービスを見直してきた。

    発表に先立って、前澤友作・社長は自身のツイッターで「ZOZOTOWNの送料が変わります。通販・EC業界初の前代未聞の試みになるかと思います」「ビジネス感度の高いNewsPicksユーザーの皆さまの予想が聞きたいです」とコメントしており、ネット上では、「送料無料で再配達のみ有料にする」「送料の年間パスポートを発行する」などの予想が出ていた。

    2chURL:https://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1506828317/

    【【朗報】ZOZOTOWNが「送料自由」を試験的にスタート。前沢氏「気持ちや都合で決めて」 2ch、ヤフコメ民の反応】の続きを読む

    このページのトップヘ