ヤフコメ速報

みんな大好き「Yahoo!ニュース」に投稿された様々なコメント(ヤフコメ)をまとめます。政治、経済、エンタメ、スポーツ、その他諸々なんでもアリ(´・ω・`) ヤフコメ速報をよろしくお願いします!

    スポーツ総合

    AK161025a


    【2chの反応】

    1: ヤフ速@2ちゃんねる 2017/10/17(火) 08:48:50.85 ID:5cgCskbi0
     全国高校バスケットボール選手権大会静岡県予選が21日に開幕する。男子では静岡学園の205センチセンター・市川真人(1年)に注目だ。県内日本人最長身で、U―16日本代表候補にも選ばれた逸材。日本バスケ界期待の男が、県4強超えを目指す。女子では、先発メンバーに2組のツインズをそろえる磐田農が、走るバスケで2勝以上を目標に掲げた。男女V校が12月23日に開幕する全国大会(東京体育館)に出場する。

     将来の日の丸候補が、リング下で存在感を見せつける。静岡学園の1年生センター・市川が、制空権を奪う。「3年生の最後の大会。絶対に勝ちたい」。県内だけでなく、国内の高校生でも数少ない2メートル超えのビッグマンが、チームを目標の4強以上に導く。

     小さい頃から人一倍ビッグだった。生まれた時は、3800グラム。中学入学時は、すでに185センチあった。中1から1年間で10センチも伸びた。「背の順では、一番後ろを譲ったことはありません」。足のサイズも、なんと31センチ。「ちょっと幅がきつくなってきたので、次は32センチを買いたい」と、真顔で話した。

     バスケの伸びしろも十分だ。いすゞ自動車などでプレー経験のある近野修監督(46)は「成長期でケガの怖さはあるし、スタミナ面もまだまだ」と課題を挙げるが、「シュートはうまいし、器用さもある」と、評価。指揮官の意向で、全員がガードのできる選手を育てる方針のもと、外回りのプレーも勉強中。「どんどん試合に出しながら伸ばしていきたい」と、積極的に起用する方針を示した。

     直前で外れたが、途中まで国体の県選抜に帯同した。練習では、セネガル人留学生の2メートル超えのセンター・サンブー(沼津中央3年)らとマッチアップ。「当たりの強さやスピードの違いを感じた。いい経験になった」。全国区の選手の中でもまれたのは、大きな財産になっている。

     将来の夢はプロ。「Bリーグで活躍して、NBAに呼ばれるような選手になりたい」。ビッグな夢を持つ規格外な男が、県内バスケをわかせる。

    20171016-00000146-sph-000-3-view


    2chURL:https://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1508197730/

    【【期待の星】高1で205センチ、日本バスケ界期待の男。静岡学園・市川真人  2ch、ヤフコメ民の反応】の続きを読む

    aflo_TBEB099232


    【2chの反応】

    1: ヤフ速@2ちゃんねる 2017/10/05(木) 06:34:16.72 ID:CAP_USER9
    卓球の世界最高峰、中国スーパーリーグから、日本選手が締め出されることが4日、分かった。この日までに中国サイドから日本協会に参戦不可の連絡が入った。

    今季参戦予定だった平野美宇(17=エリートアカデミー)と石川佳純(24=全農)が世界最高峰リーグでプレーするチャンスが消滅した。

    突然のリーグからの「排除」。

    昨年初参戦した平野が世界トップの中国選手を破るまでに急成長したことを理由の1つに挙げる声も出ている。

    10/5(木) 4:58配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171005-00019799-nksports-spo

    5chURL:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1507152856/

    【【卓球】中国スーパーリーグが日本選手排除!平野ら参戦消滅…… 2ch、ヤフコメ民の反応】の続きを読む

    img_news


    【2chの反応】

    1: ヤフ速@2ちゃんねる 2017/10/04(水) 06:03:40.68 ID:CAP_USER9
    賞状破りは指導? 高校ハンドボール部監督の処分で波紋
    2017年10月4日05時28分
    http://www.asahi.com/articles/ASK9W6Q7JK9WUTQP028.html?iref=comtop_8_05

     全国屈指のハンドボール強豪高校の監督が昨秋、県内の新人戦で2位になった選手の前で賞状を破り捨てた。1人の選手の親が日本協会に通報したのをきっかけに、監督は「暴力行為による3カ月指導停止」になった。全国高校総体は監督不在で戦った。ところが、9月に事態は急展開。日本スポーツ仲裁機構が協会の監督への処分を取り消す決定を下したのだ。2位の賞状を破る行為は指導か、暴力か。識者らと考えた。

     高校3年生にとっては、最後の夏だった。全国高校総体に駒を進めながら、ベンチに入れなかった50代の熱血監督は、反省と後悔の念で憔悴(しょうすい)しながら、2位の賞状を破り捨てた理由を周囲にこう漏らしていた。「おまえたちが目指すのはここ(2位)じゃない、という意味だった」「気合を入れるためだった……」。処分取り消しが決定したのは、処分期間が満了する前日の9月8日だった。

     協会の事情聴取にこの監督は、「しっかりしろって足でおしりをやった(蹴った)ことはあります。間違いなくあります」などと話した。暴力行為と取られても、仕方がない指導があったこと自体は否めない。監督の言動を問題視した1人の生徒の保護者が今年2月、日本協会内に設置されたばかりの「相談窓口」に「パワハラ、モラハラともとれる行きすぎた指導がある」と通報したのが、問題の発端だった。

     一方、日本協会には、その後、通報した親を除いた28の家庭の保護者の連名で、「体罰もなく、モラルハラスメントとも感じていないのに、何に対する処分なのでしょうか」と、監督の処分取り消しを求める投書が届いた。

         ◇

     スポーツ仲裁機構が監督への処分取り消しを決めた理由は、日本協会の調査手続きに瑕疵(かし)があったため、だった。

     通報した親への事情聴取はしたものの、協会は「犯人捜し」を避けるため、生徒本人への事情聴取はしなかった。監督への聴取も、十分とはいえなかった。生徒側と監督の主張が食い違うなか、何が「暴力行為」にあたったのかを特定しないまま、倫理委員会や理事会で「暴力行為があった」と認定。監督の3カ月の活動停止処分が決まった。

     何が体罰で、誰がその線引きをするのか。そもそも賞状を破る行為は暴力やパワハラに当たるのか。この問題は、競技団体の対応の難しさを浮き彫りにした。

    以下はソース元で

    2chURL:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1507064620/

    【【波紋】全国屈指のハンドボール部顧問が2位になった選手の賞状を破り捨てる。当初は3ヶ月の指導停止処分が下ったが…… 2ch、ヤフコメ民の反応】の続きを読む

    野球VSサッカー


    1: ヤフ速@2ちゃんねる 2017/09/10(日) 10:28:33.83 ID:CAP_USER9
    日本において野球とサッカーは圧倒的に人気のあるスポーツだと言えよう。筆者はどちらのスポーツも頻繁にスタジアムで観戦し、日本代表の試合があれば仲間と一緒に中継を見て一喜一憂することも多い。どちらのスポーツも最高の娯楽だと思っている。

    ・野球とサッカーは比べられることが多い
    筆者のように野球もサッカーも好きだという人は多いはずなのだが、何故か野球とサッカーは比較の対象にされることが多い。片方のスポーツだけのファンである場合は「これだからサッカーは……」「これだから野球は……」と、一方を見下す場合が多いように思える。

    ・野球のほうが圧倒的に優れている8つのコト
    しかし、両方のスポーツに最大限の敬意を払っているという前提ではあるが、「この先も日本においてサッカー人気が野球人気を追い越すことはあり得ない」という声があるのも事実だ。サッカーは野球と比べてルールがシンプルで、競技をしている国が圧倒的に多いという点では、野球より魅力的だと言えるかもしれない。

    だが、それに反論するのは「野球が圧倒的に優れている」と語るスポーツ観戦客の「ぴのさん」(仮名 / 48歳)。彼は生粋のスポーツマニアで、走る速さとバッティングの才能で野球部のヒーローだったが、その後足をいため、現在はサラリーマンをしながらスポーツ観戦マニアとして生きているという。彼から野球がサッカーより優れている理由を聞いてみた。

    1. サッカーは試合中にオシッコに行けない
    サッカーは試合の中でハーフタイムしかプレーが止まらないため、慌ててオシッコに行こうとしてもトイレは大混雑してしまい、ハーフタイム中に戻れないことも多い。一方野球は9回が終わるまでに最低でも16回の攻守交代を挟む。プレーが止まる時間は短いが、その分トイレに行く人も分散する。ストレスフリーでオシッコができるのだ。

    2. サッカーは1点ずつしか入らない
    サッカーは90分の試合時間の中で、1点ずつしか得点をあげることができない。後半で3点差もついてしまえば絶望的な雰囲気さえ漂ってしまう。しかし野球はたとえ9回2アウトであっても、満塁ホームラン1本で一挙に4点も入る。最後まで大逆転のドラマが生まれる可能性の高い野球のほうがエンターテイメント性が高いと言わざるを得ないだろう。サッカーにも「遠くから決めれば2点」「ラスト5分は得点が3倍」というようなルールがあれば違うのかもしれないが。

    3. サッカーはチームが多すぎる
    日本のプロ野球は12球団なのに対し、JリーグはJ1が18チーム、J2が22チーム、J3が17チームもある。地元にチームがある地域は盛り上がるかもしれないが、そうでない地域に住んでいるとチーム名さえ覚えきれず、素人は自然と興味が薄れてしまうものだ。チームが多いことによって選手は育つかもしれないが、戦力が分散し、試合レベルが低下するのも否めないだろう。

    4. サッカーは選手の入れ替えが激しすぎる
    J1からJ2に転落すれば運営費の問題から選手の大幅入れ替えを余儀なくされたり、シーズン中に優秀な選手が突然海外へ移籍したりと、サッカーは選手の入れ替えが野球と比べて激しい。やっと選手を覚えてきたと思ったら、数年でほとんどの選手がいなくなってしまってもおかしくないのだ。日本のプロ野球は良くも悪くも選手の入れ替えが少なく、選手に愛着を持ちやすい環境となっている。

    5. サッカーはドラマが生まれにくい
    サッカーはすべてのプレーが流れの中で行われるのに対し、野球は基本的にピッチャー対バッターの対決を繰り返すスポーツだ。選手対選手の構図がわかりやすく、ドラマが生まれやすいのである。有名選手同士のわかりやすい対決には注目しやすい。この点も野球のほうが優れていると言わざるを得ない。

    つづく

    2017.09.09/buzz-plus
    http://buzz-plus.com/article/2017/09/09/baseball-soccer/

    2chURL:https://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1505006913/

    【【激論】スポーツ観戦客が語る! 野球がサッカーよりも圧倒的に優れている8つのポイント】の続きを読む

    このページのトップヘ