ヤフコメ速報

みんな大好き「Yahoo!ニュース」に投稿された様々なコメント(ヤフコメ)をまとめます。政治、経済、エンタメ、スポーツ、その他諸々なんでもアリ(´・ω・`) ヤフコメ速報をよろしくお願いします!

    国際総合

    20120505113039be8


    1: ヤフ速@2ちゃんねる 2018/02/24(土) 02:55:49.10 ID:ssgINFY+0
    小学館『コロコロ』の不適切表現を謝罪 チンギス・ハーン肖像に“落書き”
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180223-00000402-oric-ent

    コミック誌『コロコロコミック』3月号 (C)小学館
    no title


    小学館は23日、同社が発行するコミック誌『コロコロコミック』3月号(15日発売)に掲載された漫画『やりすぎ!!!イタズラくん』で、モンゴルの英雄であるチンギス・ハーンに関する不適切な表現があったことについて公式サイトで謝罪した。

    同作では、作品の主人公がチンギス・ハーンの肖像を見てその名前を答える場面があり、肖像に男性器のような“落書き”が書き込まれるなどの表現があった。これに元横綱の朝青龍がツイッターで抗議、駐日モンゴル大使館も抗議文をはっぴょうするなど、物議をかもしていた。

    公式サイトでは下記のとおり謝罪文を掲載している。【コロコロコミック3月号掲載『やりすぎ!!!イタズラくん』の一部表現に関するお詫び】

    2月15日に発売致しました弊社月刊誌「コロコロコミック」3月号掲載の漫画『やりすぎ!!! イタズラくん』において、モンゴルの英雄であるチンギス・ハーンに関する不適切な表現があったことにより、モンゴル国国民の皆様をはじめチンギス・ハーンを敬愛する全ての方々にご不快の念を抱かせましたことを、深くお詫び申しあげます。

    今後はかかる事態を起こさないよう、モンゴルの歴史・文化に関する知見を深め、一層の配慮をして参る所存です。なお2月23日、同趣旨の謝罪文を、モンゴル国のダンバダルジャー・バッチジャルガル駐日臨時代理大使に直接お渡し致しましたので、あわせてご報告致します。

    2chURL:https://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1519408549/

    【【悲報】コロコロコミックが、モンゴルに公式サイトで謝罪】の続きを読む

    4d1a80b4b4d8ecf76a067e93a8d064605d3a069e1362833190


    1: ヤフ速@2ちゃんねる 2018/02/22(木) 02:30:05.51 ID:WprA4ZFp0
    なぜなのか

    2chURL:https://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1519234205/

    【アメリカKKK「日本を参考にすべき!」 ドイツ極右「日本を参考に!」 ノルウェー極右「日本!」】の続きを読む

    中国113_1


    1: ヤフ速@2ちゃんねる 2018/02/19(月) 18:57:24.87 ID:RwbO2I0I0
    中国の海軍は韓国・日本・インドが力を合わせても及ばないという報告書が発表された。英国戦略国際問題研究所(IISS)が14日に発表した年次報告書は「2000年以降、中国海軍の潜水艦・駆逐艦・巡洋艦・護衛艦の建造量は韓国・日本・インド3カ国の建造量合計を上回った」と分析した。

    2017年基準の中国の国防予算も韓国・日本・インドを合わせた予算より多かったと、報告書は分析した。中国の2017年の国防予算は1505億ドルと世界2位だが、インドの525億ドル(5位)、日本の460億ドル(8位)、韓国の357億ドル(10位)をすべて合わせた金額より多い。

    報告書は空軍力とミサイル分野でも中国が米国を脅かしていると伝えた。報告書は「中国の次世代ステルス戦闘機『殲20(J-20)』が2020年に本格的に実戦配備されれば、米国がステルス戦闘機分野で持つ独占的な地位を失う可能性がある」と伝えた。ハリス米太平洋軍司令官も14日、米下院軍事委員会に出席し、「米国は極超音速武器の開発で中国に追い越されている」と述べたという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180219-00000031-cnippou-kr&pos=1

    2chURL:https://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1519034244/

    【「日韓印の海軍は三国が力を合わせても中国海軍に及ばない」←記事に対するヤフコメ民の反応】の続きを読む

    cached


    1: ヤフ速@2ちゃんねる 2018/02/07(水) 14:27:43.94 ID:qUHKcvJed
    南太平洋の絶海の孤島が英国TPP参加の切り札!?
    http://www.sankei.com/premium/news/180205/prm1802050003-n1.html

    米国を除く11カ国が3月上旬に署名する新たな環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に、欧州連合(EU)からの離脱を決めた英国が参加を検討しているという。大西洋に隣接する英国のTPP加入は奇異に映るかもしれないが、実は南太平洋に唯一の飛び地がある。有名な「バウンティ号の反乱」を起こした乗組員の子孫が暮らす英領ピトケアン諸島がそれだ。参加交渉が実現した暁には、人口約50人の小さな島が世界の注目を浴びるかも?

    「TPPにはオーストラリアやニュージーランド、カナダという英連邦の国々が参加する上、南太平洋にはピトケアン諸島もある。関係がないわけじゃない」

    交渉筋は英国がTPPに参加する“正当性”についてまことしやかに語る。英国とTPPとをつなぐ“架け橋”になるかもしれないピトケアン諸島とは、一体どんな場所なのだろうか。

    (中略)実はTPPには環太平洋諸国でなくても参加できる。協定文では発効後に追加加入する際の条件として、アジア太平洋経済協力会議(APEC)参加国だけでなく、「締約国が合意する他の国」と明記し、地域の縛りを事実上なくしているからだ。

    英国の参加検討を報じた英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)によると、ハンズ英貿易政策担当閣外相も「多国間協定に地理的制約はない」と語り、遠く離れた欧州からでもTPP加入は可能との考えを示している。

    2chURL:https://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1517981263/

    【英国「TPP入れてくれ」日本「太平洋ちゃいますやん」英国「南太平洋にウチの海外領土があるんよ」】の続きを読む

    このページのトップヘ