ヤフコメ速報

みんな大好き「Yahoo!ニュース」に投稿された様々なコメント(ヤフコメ)をまとめます。政治、経済、エンタメ、スポーツ、その他諸々なんでもアリ(´・ω・`) ヤフコメ速報をよろしくお願いします!

    アジア・オセアニア

    9b69b820


    1: ヤフ速@2ちゃんねる 2017/10/15(日) 02:24:09.64 ID:7jSoivPQ0
    シンガポールのリー・クアン・ユー元首相は、著書『One man‘s view of the world』のなかで、深刻な高齢化社会を長年解決できずにいる日本の将来を悲観し、「私がもし日本の若者だったら、他国へ移民する」との見解を示した。

    リー氏は、人口の減少は必然的に経済規模の縮小を伴うため、人口とその構造は国の運命を決める決定的に重要な問題だとしたうえで、日本の高齢化問題は極めて深刻だと指摘。日本の出生率はいまや1.39人。人口交替率(総人口の維持に必要な 出生率)である2.1よりはるかに低い。

    そして最後に、「日本は、平凡な、『その他多くの国の一つ』になろうとしている。もし私が日本人の若者だったら、おそらく他の国に移民するだろう。日本にいては未来が見えないから」と締めくくった。


    2chURL:https://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1508001849/

    【【悲報】シンガポール首相「私が日本人なら日本を脱出する。日本には未来が見えない」】の続きを読む

    img_3dc59f8c95fe1715c84f7b411369e964259131


    【2chの反応】

    1: ヤフ速@2ちゃんねる 2017/10/11(水) 15:28:17.78 ID:CAP_USER9
    おじにレイプされ今年8月に出産したインドの10歳少女について、生まれた赤ちゃんの父親はおじだと警察当局が明らかにした。警察は2人目のおじも、強姦の疑いで訴追する方針。

    少女を強姦した1人目のおじは、すでに逮捕・起訴された。しかし、8月に生まれた赤ちゃんのDNAが、1人目のおじと一致しなかったため、警察は別の容疑者を探していた。

    チャンディーガル警察のニーランバリ・ビジェイ警視正はBBCに対し、2人目のおじは1人目のおじの弟で、警察は訴追手続きを急いでいると話した。

    ビジェイ警視正は、「赤ちゃんのDNAが(2人目の)おじのものと一致したのは事実だ」と述べた。

    1人目のおじも、少女を性的に虐待した罪で起訴されており、引き続き拘束される。

    中絶は認められず

    10歳少女への事件はインド内外で、何週間も大々的に報じられてきた。少女の妊娠は7月中旬、腹痛を訴えた少女を両親が病院に連れて行った際に発覚した。

    チャンディーガルの裁判所は、妊娠の人工中絶は「リスクが高すぎる」という医師たちの助言を受け、妊娠が進行しすぎているとの理由で、中絶許可の訴えを退けた。その後、最高裁判所も同様の理由で少女の中絶を許可しなかった。

    インドの法律では、母親の生命が危険だと医師が証明しない限り、妊娠20週目以降の中絶は禁止されている。

    デリーで取材するBBCのギータ・パンディ記者によると、少女は妊娠を自覚せず、
    おなかの膨らみは胃の中の石によるものと聞かされていたという。8月に少女は出産したが、赤ん坊は福祉当局に取り上げられ養子に出されるという。

    少女は当初、警察と児童福祉活動家に対して最近7カ月間に1人目のおじに複数回レイプされたと語っており、40代の1人目のおじの逮捕につながった。少女は法廷でもビデオを通じて証言し、おじの名前をはっきりと述べて暴行の事実を明らかにしてた。少女の父親はBBCに対して、1人目のおじは罪を否認していないと話した。警察も、おじが容疑を認めていると話していた。しかしDNA検査の結果が一致しなかったため、警察は別の容疑者の捜査を開始。2人目のおじを9月に逮捕した。

    インドではここ数カ月の間に強姦被害にあった複数の子供が、裁判所に中絶の許可を求めている。

    多くの場合、子供たちは自分の体の状態を認識できていないため、妊娠の発覚が遅くなってしまう。今月初めには、13歳の少女が32週目で中絶する許可を裁判所から得た。ムンバイで出まれた男児は、2日後に死亡した。5月には北部ハリヤナ州で、義父からレイプされたという10歳の少女が中絶を許可された。少女は妊娠約20週だったという。

    インドの子供への性的虐待

    続きはソース元をご覧ください
    http://news.livedoor.com/article/detail/13733032/

    2chURL:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1507703297/

    【【驚愕】おじにレイプされて出産した10歳少女、しかし子供の父親は別のおじだった……】の続きを読む

    1: ヤフ速@2ちゃんねる 2017/10/07(土) 17:13:30.95 ID:CAP_USER9
    http://jp.wsj.com/articles/SB12094166559930614459204583431790207292264
     【シドニー】オーストラリアでドローン撮影を手掛ける会社を創業したダニエル・パーフィット氏は、内陸部での2日間にわたる作業に最適な機材を見つけたと思った。翼幅2メートルほどのそのドローンはステルス爆撃機に似ており、価格は約8万米ドル(約900万円)だった。

     1つだけ問題があった。オーストラリアの空を支配するオナガイヌワシを怒らせたのだ。オナガイヌワシは上空から舞い降り、カーボンファイバー製の機体に鋭い爪で穴を開けた。ドローンはコントロールを失って墜落。「最終日の最終飛行の残り15分。そこでオナガイヌワシがドローンに急降下爆弾を落とした」とパーフィット氏は語った。

     ドローンは大きいため鳥によるダメージを受けないと思っていたが、機体は「粉々になった」という。

     大きいものでは重さ約4キロ、翼幅約240センチにもなるオナガイヌワシはオーストラリア最大の猛禽(もうきん)類だ。かつてはヒツジを襲うと嫌われ、賞金目当てにも狙われたが、現在はおおむね保護されている。タスマニア州に生息する亜種は今も絶滅の危機にひんしているが、それ以外はオーストラリア広域の上空を誇らしげに舞っている。

     オナガイヌワシには、ドローンに頂点捕食者の座を譲る気はないようだ。ハンググライダーに乗って時折現れる人間を攻撃してくることさえあるという。

     ドローンを攻撃する鳥は世界中にいるが、オナガイヌワシは特に空中戦が好きだとドローン操縦士らは話す。 ナガイヌワシとの衝突を回避する長期的な解決策はまだない。ドローンに「目」をつけるといったカムフラージュはあまり効果がないようだ。ペッパースプレーや騒音装置を使った撃退も一部では検討されたという。

     メルボルンでドローンマッピング・検査会社「オーストラリアンUAV」を立ち上げたジェームズ・レニー氏は、農村地帯のドローン飛行の20%がオナガイヌワシの攻撃を受けるとみている。オナガイヌワシ9羽にドローンを追いかけられた経験もあるという。

     オナガイヌワシは、米国のハクトウワシやイヌワシよりも大きく攻撃的だ。オーストラリア内陸部の鳥類の王者であることに議論の余地はないが、ドローンをここまで攻撃する理由は完全には解明されていない。ドローンを餌あるいは新たなライバルとみているのだろうと専門家は話す。

     オーストラリアはドローン先進国を目指していることから、問題は一段と深刻だ。ドローンの世界大会を最近開催したクイーンズランド州は、昨年にはドローン実験費用としてボーイングに約78万ドルを提供した。オーストラリアで事業を拡大中のアマゾン・ドット・コムは、ドローンによる配送実験を行う可能性がある。ドローンの人気は、広大な土地を持つ鉱山会社や牧場主などの間でも高まっている。

     オナガイヌワシは雌雄つがいで攻撃を仕掛けることが多く、最初に失敗しても攻撃をやめるとは限らない。背後からの飛来や上からのタンデム攻撃まである。ドローン操縦士は、降下してきた1羽を避けられても2羽目に飛びつかれる恐れがあるとレニー氏は述べた。

     ペッパースプレーはオナガイヌワシを傷つける恐れがあり、騒音装置は扱いにくい上に効果が怪しい。そのため西オーストラリア州のセントアイブス金鉱で調査を担当しているリック・スティーブン氏らは、時間という武器を活用している。オナガイヌワシは早朝はそれほど活動的ではない。これは日光で地面が温まるまで上昇気流が形成されないからだ。

     スティーブン氏は、オナガイヌワシの攻撃によって最初の2年半に12機のドローンを失った。雇用主である南アフリカのゴールド・フィールズの損失は約21万ドルに上ったという。だが朝の飛行に集中した過去1年に失ったのは2機だけだ(それ以外にニアミスが2度あった)。

     ドローン撮影会社エアリアル・イメージ・ワークスの創業から約3年、パーフィット氏は警戒を怠っていない。最近3件の仕事はいずれもオナガイヌワシの攻撃を受けた。他の鳥は「ドローンに向かって飛んで来て、非常に攻撃的な動きをするが、実際に接触はしてこない。ドローンが攻撃されて怖いのはオナガイヌワシだけだ」

    画像:墜落したドローン
    no title


    動画:オナガイヌワシに撃墜されるドローン
    https://www.youtube.com/watch?v=Hr-xBtVU4lg&feature=youtu.be


    2chURL:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1507364010/

    【【悲報】ドローンが空の覇権を巡る戦いで鷲に敗れるwwwwwwwwww(動画あり)】の続きを読む

    a6701b3aefc2f917791f975becb436520fbdd6131433413419

    1: ヤフ速@2ちゃんねる 2017/10/08(日) 22:45:28.19 ID:1g23ZFp8M
    オーストラリア警察が世界最大の児童ポルノサイトを11ヶ月運営していたことが判明

    ノルウェイのタブロイド紙のヴェルデンス・ガング(VG)は、Tor経由でアクセスできるいわゆるダークウェブの中で世界最大の児童ポルノサイトであるChilds Playは、オーストラリア警察によって運営されていたことをつきとめた。

    Childs Playの運営者は頻繁にフォーラムにあらわれていた他に、一ヶ月ごとに必ず新作の児童ポルノを提供していたのだった。

    運営者が逮捕されたことを利用者にさとられないよう、オーストラリア警察の捜査官は運営者の語彙を使い、書き言葉をまねてフォーラムへの書き込みを続けていたが、ついに次の新作児童ポルノを投稿しなければならない時期にきた。

    そこで、オーストラリア警察はすでに押収していたそのWebサイトにはない児童ポルノを投稿して運営を継続した。

    https://cpplover.blogspot.jp/2017/10/11.html?m=1

    2chURL:https://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1507470328/

    【【悲報】オーストラリア警察がロリコンを摘発するためにとんでもない作戦を実行する……】の続きを読む

    M04_6842dvWeb


    【2chの反応】

    1: ヤフ速@2ちゃんねる 2017/10/02(月) 20:39:17.05 ID:/t+FuT9OM
    インド最下層カーストの男性、伝統舞踊を鑑賞し殺害される

    【AFP=時事】インド西部で1日夜、カースト(身分制度)の最下層「ダリット(Dalit)」出身の男性が、ヒンズー教の伝統舞踊を鑑賞したことに腹を立てたカースト上位の男らに暴行を受けて死亡した。地元警察が2日、明らかにした。

     死亡したのはジャイエシュ・ソランキ(Jayesh Solanki)さん(21)。ソランキさんはいとこと共に、グジャラート(Gujarat)州ボルサド(Borsad)で9日間の日程で開かれたヒンズー教の祭り「ナブラトリ(Navratri)」を訪れ、民族舞踊のガルバを見ていた際に襲撃されたとみられている。

     地元のアナンド・サウラブ・シン(Anand Saurabh Singh)警察署長はAFPに対し、「被害者を撲殺した容疑で8人を逮捕した」と認めた。

    2chURL:https://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1506944357/

    【【悲報】インド最下層カーストの男性、伝統舞踊を鑑賞しただけで殺害される 2ch、ヤフコメ民の反応】の続きを読む

    このページのトップヘ