ヤフコメ速報

みんな大好き「Yahoo!ニュース」に投稿された様々なコメント(ヤフコメ)をまとめます。政治、経済、エンタメ、スポーツ、その他諸々なんでもアリ(´・ω・`) ヤフコメ速報をよろしくお願いします!

    中東・アフリカ

    egypt-mosque-attack-02


    1: ヤフ速@2ちゃんねる 2017/11/26(日) 19:41:23.08 ID:CAP_USER9
    【カイロ共同】エジプト北東部シナイ半島でイスラム教スンニ派のモスク(礼拝所)が襲撃されたテロを巡り、国際テロ組織アルカイダ系の過激派「イスラムの兵士」が26日までに声明を発表し、礼拝施設での殺りくは「重大な罪」だと強く非難した。テロへの関与が疑われる過激派「イスラム国」(IS)系の組織と距離を置き、国民の批判をかわす狙いとみられる。

     テロでは、イスラム教の神秘主義(スーフィズム)の信徒ら300人以上が殺害された。エジプトで、スーフィズムの信徒は、国民に身近な存在。国内で大多数を占めるスンニ派のモスクが襲われたことも社会に衝撃を与えている。


    2017年11月26日 19:31 大阪日日新聞
    http://www.nnn.co.jp/dainichi/knews/171126/20171126085.html

    2chURL:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1511692883/

    【【IS】エジプトのモスクへのテロに対し、過激派も非難「流石に俺らもそれは引く」】の続きを読む

    61672c9cd58da2fa4b657a2eebd9a952


    1: ヤフ速@2ちゃんねる 2017/11/25(土) 00:32:47.18 ID:PeSGYrgK0
    過激派組織IS=イスラミックステートによる襲撃やテロが相次ぐエジプト東部のシナイ半島でイスラム教の礼拝施設モスクを狙った爆弾テロと銃撃があり、これまでに235人が死亡、109人がけがをしました。

    エジプト、シナイ半島北部にあるモスクの付近で24日午後(日本時間の24日夜)、爆弾が爆発したのに続いて、武装した何者かが銃を乱射しました。エジプトの捜査当局によりますと、一連の襲撃で金曜日の礼拝のためモスクを訪れていた市民などこれまでに235人が死亡し、109人がけがをしたということです。エジプトの捜査当局はテロ事件として調べています。

    今回の事件について犯行を主張する声明などは出されていませんが、シナイ半島では過激派組織ISの支部を名乗る武装グループが軍や警察を狙った襲撃や少数派のキリスト教徒に対するテロを繰り返しています。

    事件のあとシシ大統領は治安担当の閣僚を集めて対応を協議し、エジプト政府は3日間、国を挙げて喪に服すると発表しました。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171124/k10011234901000.html

    2chURL:https://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1511537567/

    【エジプト東部シナイ半島で武装集団がモスクを襲撃、少なくとも235人が死亡、109人が負傷した模様……】の続きを読む

    アフリカの命1


    【2chの反応】


    1: ヤフ速@2ちゃんねる 2017/11/08(水) 13:44:06.46 ID:CAP_USER9
    世界保健機関(WHO)は7日、アフリカ東部ウガンダとケニアの国境地帯で、マールブルグ病が発生し、これまでに医療関係者ふたりを含む5人が感染し、3人が死亡したと明らかにした。マールブルグ病は、感染経路が明らかにされておらず、重症化するとエボラ出血熱によく似た症状を引き起こし、死亡率は最大88%だ。

    WHOの発表によると先月17日、ケニアとの国境に近いウガンダ東部の山岳地帯に住む50歳の女性が発熱や出血、下痢などの症状で死亡。保健機関が提出した血液サンプルをウイルス研究所で分析した結果、マールブルグウイルスを検出。

    その後の調査で、女性の兄も3週間前の9月20日に高熱や嘔吐の症状で入院し、その日のうちに死亡したことがわかった。女性は兄を看取った22週間後に発症。さらに女性を病院に連れて行った別の兄弟も感染の疑いがあるが、入院することを拒否して地元に戻ったという。

    その後の調査で、女性の亡くなった兄の自宅近くには、洞窟があり、コウモリがたくさん生息していることがわかった。マールブルグ病は発症が突発的で、自然界からヒトへの感染メカニズムは明らかにされていないが、WHOによると、ルーセットオオコウモリがウイルスの宿主だと考えられている。

    マールブルグはエボラ出血熱と同じフィロウイルス科に属していて、よく似た症状を引き起こす。1967年にドイツのマールブルグとフランクフルトで集団感染が発生、その後セルビアでも大流行した。このときの流行は、ウガンダから輸入したアフリカミドリザルを使った動物実験が原因で、その後もアフリカ各地で流行が報告されているという。

    コウモリが住んでいる洞窟や鉱山に近寄った観光客が感染したというケースも確認されていて、ヒトからヒトへは血液や体液、排泄物で汚れた寝具や衣類に接したり、性的接触で感染する危険性が高い。

    ウガンダで死亡した三人の診断に当たっていた医療関係者も感染した可能性が高く、先月末時点で患者に接した150人以上に感染リスクがあるという。

    WHOは第2のエボラ出血熱拡大を未然に防ごうと、両国保健省に対してウイルス防護キットの提供を行うとともに、医療・検査機関へのサポートを開始した。

    電子顕微鏡で見たマールブルグウイルス
    no title

    WHOはケニアとウガンダにウイルス防護キットを提供した(WHO)
    no title

    患者が使っていた寝具や衣類を焼却処分するウガンダの保健センターの人たち(WHO)
    no title


    配信2017年11月08日 12時08分
    ハザードラボ
    http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/2/22634.html

    2chURL:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1510116246/

    【【WHO】第2のエボラ熱か?東アフリカで「マールブルグ病」流行のおそれ 死亡率最大88% 2ch、ヤフコメ民の反応】の続きを読む

    1200px-Kheops-Pyramid


    1: ヤフ速@2ちゃんねる 2017/11/04(土) 04:24:12.07 ID:CAP_USER9
    エジプトで最大とされるピラミッドの内部に、これまで知られていない巨大な空間があることが、日本などの研究チームによる最新の調査で確認されました。まだ、見つかっていない王のミイラや副葬品が納められている可能性もあり、ピラミッドをめぐる謎の解明につながると注目されています。

    エジプトと日本、フランス、カナダの国際研究チームは、おととしからエジプトで最大とされるクフ王のピラミッドの構造を最新の技術で解き明かす大がかりな調査を進めています。

    このうち名古屋大学と高エネルギー加速器研究機構は、宇宙から降り注ぐ「ミューオン」と呼ばれる素粒子を使い、内部をレントゲン写真のように透視する調査を行ってきました。

    この結果、ピラミッドのほぼ中央にこれまで知られていない長さが30メートル以上もある巨大な空間があることを確認し、2日づけのイギリスの科学雑誌ネイチャーの電子版で発表しました。

    クフ王のピラミッドは、これまでに3つの部屋が確認されていて、このうち「王の間」と呼ばれる部屋からひつぎが見つかっていますが、ミイラや副葬品はどこからも見つかっていません。今回見つかった空間が何のために作られたかは分かっていませんが、まだ見つかっていない王のミイラや副葬品が納められている可能性もあるということです。

    調査を担当した名古屋大学の森島邦博特任助教は「未知の空間が見えた時はものすごいものが見つかったと興奮しました。中に何があるのかは開けてみないとわからないので、今後の調査に期待したい」と話しています。

    全文はソースで
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171102/k10011208921000.html

    2chURL:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1509737052/

    【【ロマン】ピラミッドに謎の巨大空間が見つかる。日本などの研究チームによる最新の調査で確認】の続きを読む

    no title


    【2chの反応】

    1: ヤフ速@2ちゃんねる 2017/09/26(火) 14:16:10.33 ID:CAP_USER9
    【9月26日 AFP】アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ(Dubai)で25日、無人の「空飛ぶタクシー」の試運転が行われ、当局が試運転の成功を発表した。

    自律型空飛ぶタクシーの試作機はドイツの新興企業ボロコプター(Volocopter)が製作したもので、最高時速100キロで30分間の飛行が可能。ドバイの道路交通庁(RTA)によれば、2人乗りの空飛ぶタクシーには安全機能として非常用パラシュートと独立した電池システム9台が備わっているという。

    RTAは、将来的には空飛ぶタクシーが地下鉄や路面電車、バスなどの既存の公共交通網に組み込まれるとの構想を描いている。 

    当局は、安全面の手続きや法整備などのため、5年程度の試運転が必要と見込んでいる。(c)AFP

    http://www.afpbb.com/articles/-/3144289
    no title

    2chURL:https://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1506402970/

    【【朗報】ドバイで「空飛ぶタクシー」の試運転に成功!(画像あり) 2ch、ヤフコメ民の反応】の続きを読む

    このページのトップヘ